2013年01月15日

公立高校入試問題と解答

公立高校入試問題
数学の高校入試問題(公立高校入試によく出る関数の問題)

公立高校の数学の高校入試問題(公立高校入試によく出る一次関数の問題)

公立高校の数学の高校入試問題(公立高校入試によく出る関数の応用問題)


約15分間で(問1)〜(問4)まで正解できたら、難関高校に合格できるレベルだと思います。
中堅レベルの高校受験生は、問3までを確実に正解できるようにしましょう。

解答と解説
http://makingsense.greater.jp/mag/121216csa.html









<数学の高校入試問題を解くときの基本的な考え方>

(1)まず、その問題が、どの項目からの出題か考える。
 見たことのない文章問題でも、出題項目(例:1次方程式、三角形の合同、三平方の定理など)は必ず存在します。
 (定期テストなら、どの項目からの出題かは、明らかでしたよね。)


(2)問題文にあるキーワードをすべてチェックする。
 あたりまえですが、問題文をよく読みます。
 ここで、重要なことは問題文中にヒントがかくれているということです。
 つまり、問題文に与えられた条件は、問題を解くうえですべて使うということです。
 逆に言えば、どうでもいいような条件は、問題文中にはありません。
 図が与えられている時は、図にもヒントがかくれています。


(3)キーワードから、思い出さなければいけない公式や定理を書き出す。
 当り前ですが、思い出さなければいけないということは、覚えていなければいけないということです。


(4)思い出した公式や定理を使って問題を解きます。
 図形の総合問題では、いくつもの定理を組み合わせて考えます。
 それでも、解けないときは、(3)に戻って、何か重要な公式や定理を忘れているのではないかと考える。
 1つの問題に、問1〜問3まであるとき、問3を解くときは、問1, 問2の結果を利用することが多い。


(5)答えが得られたら、それが問題文の条件に合っているか確認しておく。
 答えが、正の数になるはずなのに、計算で負の数が得られたら、それは計算間違えか、式の作り方を間違っていることになります。




(その他)
 試験問題を作る先生は、重要でない問題を試験に出すことはしません。
 定期テストは、実力を試すだけのものではなく、何を理解していなかったかを発見するためのものです。
 定期テストの成績がいいのに、実力テストの成績が悪い人は、復習が不十分だからです。
 テスト後、必ず見直しするようにしましょう (*^_^*)









<もっと勉強したい人へ>
(成績アップしたい人、学年でトップクラスに入りたい人)

メルマガのお知らせ
http://goo.gl/tZi8S










<チキンラーメン受験生応援カップ>
血行を促進する効果の「しょうが」入り。
チキンラーメン受験生応援カップ

ひらめきチキンラーメン受験生応援カップ「ぽっかぽかジンジャー風味」(お取り寄せ クリック!)


寒い冬の受験勉強を元気に乗り切るための具材を使用した、ジンジャー(しょうが)の特徴ある香りが加わったチキンラーメン。












┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
<高校受験勉強法>
http://bit.ly/TZgqlo
偏差値60の高校に合格したい受験生。
北海道 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県 東京都 埼玉県
神奈川県 栃木県 茨城県 群馬県 千葉県 新潟県 富山県 石川県 長野県
福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 山梨県 三重県 滋賀県 大阪府 京都府
兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県
香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県
鹿児島県 沖縄県
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
posted by 高校受験 at 12:56| 数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。